遺品整理の流れ!業者選びからトラブル回避まで徹底解説

遺品整理はどうやって進んでいくの?この記事では、実際の遺品整理の流れを解説していきます。

遺品整理は、故人の遺志を尊重し、遺族にとっての精神的な負担を軽減するための大切な手続きです。このプロセスを適切に行うためには、信頼できる遺品整理業者を見つけることが不可欠です。

遺品整理業者を選ぶ際には、その信頼性、提供されるサービスの透明性、コストパフォーマンスを総合的に検討する必要があります。

業者選びを適切に行うことで、故人が残した大切な遺品を丁寧に扱い、適切に処理することが可能となり、これが故人への最後の敬意となります。

この記事では、どのようにして適切な遺品整理業者を選ぶか、そして遺品整理のプロセスをスムーズに進め、トラブルを回避するための具体的なアドバイスを詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • コストを抑えつつ信頼できる遺品整理業者の選び方と、そのための具体的なポイント。
  • 高品質なサービスを提供する業者の特徴と、顧客満足度を最大化するための選択基準。
  • 遺品整理のサービスを利用するまでの流れ
プロフィール背景画像
プロフィール画像

たける羽野

遺品整理士として、清掃会社に勤務しながら遺品整理の情報発信をしています。遺品整理パートナーズでは、記事の監修を行っています。福岡県在住で、清掃会社15年勤務、遺品整理は小規模のものも含めると100件以上を経験しました。

    プロフィール背景画像
    プロフィール画像

    クロモリ ユウキ

    1989年福岡市生まれ 2023年1月air Inc.を設立/web歴15年/マーケティング歴5年 建築学部卒。大学在籍中からwebマーケティングを研究し、2020年webメディアを事業譲渡。2022年までプライム上場企業マーケティング部にパートナーメンバーとして在籍。地方でマーケティングをやっています。

      遺品整理とはどんなことを指すのか?

      遺品整理とは、故人が遺した物品や資料を整理し、処分や保管の決定を行う作業です。

      このプロセスは、故人の意志を尊重しながら、遺族が故人との思い出を振り返る機会ともなります。遺品整理の背景には、故人への感謝や悲しみ、そして一つの時代の終わりと新たな始まりへの受け入れが含まれています。

      また、遺品整理は法的な手続きや遺産分割の前提作業としても重要な意味を持ちます。遺品の中には、価値あるものや思い出深い品、未来へ継承すべき家族の歴史を映し出すものも含まれているため、遺族にとっては心情的に難しい作業となることがあります。

      このため、専門の遺品整理士がサポートすることで、遺族の負担を軽減し、スムーズかつ適切な遺品整理を実現することが可能です。遺品整理を通じて、故人の生きた証を大切にし、遺族が新たな一歩を踏み出すためのサポートを行います。

      遺品整理の実際の流れ〜準備編〜

      遺品整理は、準備、実作業、そして後処理の大きく三つの段階に分けられます。初めに、故人に関する書類の準備や関係者への連絡、そして遺品整理業者の選定を行います。

      その後、故人の物品を整理・分類し、必要に応じて特殊清掃などを実施します。最終的に、不要な遺品の処分や遺品整理に伴う手続きを完了させることで、一連の流れは終了します。

      この流れを理解し、丁寧に進めることで、遺族は故人を偲びながらも、心の整理を図ることができます。

      準備1:必要な書類の準備

      遺品整理を始める前に、故人の戸籍謄本や遺言書、保険証や不動産関連の書類など、重要な書類を整理することが必須です。

      これらの書類は、故人の財産や権利に関わる重要な情報を含んでいるため、遺品整理や遺産分割を進める上で欠かせません。また、これらの書類を通じて、故人の最終的な意志を確認し、それに沿った遺品整理を行うことが遺族には求められます。

      適切に書類を準備することで、スムーズな遺品整理に繋がります。

      準備2:関係者との連絡

      遺品整理を進める上で、故人の友人や知人、親族に連絡を取り、遺品整理の予定や意向を共有することは大変重要です。

      このプロセスを通じて、故人と深い関係があった人々からの意見や要望を聞き、それを遺品整理に反映させることができます。また、故人の思い出を共有する場として、遺品整理が故人を偲ぶ機会となり得ます。

      故人との関係性を尊重しながら、円滑な遺品整理を目指しましょう。

      準備3:遺品整理業者の選定

      遺品整理を効率的かつ丁寧に進めるためには、専門の遺品整理業者を選定することが推奨されます。

      選定の際は、業者の実績、口コミ、提供サービスの内容や費用を比較検討し、遺族のニーズに最も合った業者を選ぶことが重要です。また、事前に複数の業者から見積もりを取り、内容を確認することで、適切な業者選びをすることができます。

      信頼できる業者を選ぶことで、遺品整理の負担を大幅に軽減することが可能になります。

      見積もりのフェーズ〜協力者を検討する〜

      遺品整理を始める前に、適切な業者を選ぶための見積もりのフェーズが重要です。この段階では、まず複数の業者から見積もりを取り寄せ、それらを比較検討します。

      その後、具体的なサービス内容や料金について業者と面談し、最終的に遺族が信頼できると感じる業者を選定します。

      このプロセスを通じて、遺品整理の質とコストのバランスを最適化し、遺族のニーズに最も合ったサービスを受けることができます。

      協力者の検討:複数の業者に見積もりを依頼

      遺品整理のプロセスを始めるにあたり、まずは複数の遺品整理業者に見積もりを依頼します。この時、サービスの詳細、料金体系、対応可能な地域など、具体的なサービス内容を確認することが重要です。

      また、見積もりを依頼する際には、故人の遺品の量や特殊清掃の必要性など、業者が見積もりを出すために必要な情報を正確に伝えましょう。

      関連記事:実際に利用した人のインタビュー

      協力者の検討:見積もり内容の比較

      提出された見積もりを受け取った後、サービス内容、費用、対応速度など、さまざまな角度から比較検討します。この比較は、遺品整理の質とコストのバランスを見極めるために不可欠です。

      また、見積もりに含まれるサービスの範囲が遺族の要望を満たしているかどうかを確認し、不明点があれば業者に質問しましょう。

      見積もりの際は、実際に現地を見てもらい、正確な見積もりを出してもらうことが重要です。費用の相場は、遺品の量や作業内容、物品の処分方法などによって異なりますが、住宅の一般的な広さにおける遺品整理の相場は、2Kで9万円から12万円、3DKで17万円から20万円程度となっています。

      重要なのは、見積もりを詳細に出してもらい、どのような作業が含まれているのかを明確にすることです。

      関連記事:遺品整理の相場と料金の決まり方

      間取り全国相場作業者の人数作業時間
      1ルーム¥30,000〜¥100,0001名〜2名1〜3時間
      2DK¥90,000〜¥130,0002名〜3名2〜4時間
      1~2LDK¥140,000〜¥190,0003名〜5名2〜7時間
      3~4LDK¥240,000〜¥340,0003名〜8名4〜11時間
      5LDK~¥300,000〜¥500,0004名〜10名4〜12時間
      大規模¥600,000〜¥1,000,0004名〜10名8〜20時間

      協力者の検討:業者との面談

      見積もりを基に、実際に業者と面談を行い、遺品整理の詳細な要望を伝え、疑問点を解消します。

      面談は、業者の対応の速さや丁寧さ、理解度を直接確認できる機会です。この段階で、業者とのコミュニケーションがスムーズに行えるかどうかも重要な選定基準となります。

      関連記事:遺品整理は買取サービスを受けることで安くなる

      協力者の検討:業者選定

      面談を通じて、サービス内容、料金、対応の質など、総合的に評価し、信頼できると感じた業者を選定します。

      業者選びは、遺品整理の満足度を左右するため、慎重に行うことが重要です。面談でのコミュニケーションや業者の対応を通じて、遺族が安心して任せられる業者を見つけましょう。

      関連記事:遺品整理業者の選び方

      遺品整理スタート〜実作業編〜

      実作業フェーズでは、遺品の具体的な整理作業が行われます。この段階は遺品の分類から始まり、選ばれた遺品整理業者との連携による整理作業、そして必要に応じた特殊清掃までを含みます。

      遺品の分類作業では、故人の物品を「保管」「寄付」「処分」の三つのカテゴリに分け、それぞれの遺品に適切な処理を施します。この作業を通じて、故人の遺志を尊重しながらも、遺族の負担を軽減することが目指されます。

      遺品整理業者と緊密に連携しながら、故人の物品に対する最終的な処遇を決定し、特殊清掃が必要な場合には、その実施も行います。この全過程を通じて、故人との思い出を大切にしながらも、新たな生活への一歩を踏み出す準備を行うことができます。

      実作業:遺品の分類

      遺品整理の初期段階で行われる遺品の分類は、遺品整理作業の効率性と精神性の両面で重要なプロセスです。遺品を「保管するもの」「寄付するもの」「処分するもの」に分けることで、故人の物品を尊重しつつ、遺族の心情や生活空間にも配慮した整理が可能になります。

      保管するものは、家族にとって価値のある遺品や思い出深い物品、寄付するものはまだ使用可能で他者に役立つと思われる物品、処分するものはこれ以上の使用価値が見込めない物品に分けられます。

      この分類作業を丁寧に行うことで、故人への敬意を表しながら、遺族が新たな生活をスタートさせるための心の準備も整えられます。

      実作業:遺品整理業者との連携

      選定した遺品整理業者との連携は、遺品整理作業をスムーズに進める上で不可欠です。業者は遺品の分類から処分まで、遺族の要望に応じた柔軟なサービスを提供し、精神的負担の大きい遺族を支えます。

      業者選びで重要なのは、信頼性と経験、そして遺族の意向を理解し尊重する姿勢です。

      遺品整理は、単なる物品の整理ではなく、故人との最後の対話とも言える作業。遺族と業者との信頼関係が、この対話を支える基盤となります。業者と密接に連携を取りながら、故人の遺品に対する最適な処理方法を見つけ出すことが、遺品整理の成功に繋がります。

      1. 衛生的な環境の回復: 特殊清掃は、血液や体液などの生物学的危険物を適切に除去し、現場を衛生的な状態に戻します。これにより、遺族やその場所を訪れる人々の健康を守ることができます。
      2. 感染症リスクの低減: 死体や生物学的危険物の適切な処理は、感染症の拡散を防ぐ上で非常に重要です。専門の清掃業者による対応は、安全な環境を確保するために不可欠です。
      3. 心理的な負担の軽減: 特殊清掃が必要な状況は、遺族にとって極めて辛いものです。専門業者が清掃を行うことで、遺族は現場を直視することなく、心理的な負担を軽減できます。
      4. 専門的な技術と経験: 特殊清掃は特別な技術と知識を要します。専門業者は、適切な機材と消毒剤を使用し、安全かつ効率的に清掃を行います。これにより、現場は迅速に元の状態に戻され、遺族が安心して生活を再開できるようになります。

      実作業:特殊清掃の実施

      特殊清掃は、故人が長期間発見されなかった場合や病気、事故などで不衛生な状態になっている物件の清掃を指します。この清掃は、通常の清掃作業では対応が難しい特殊な状況下での作業であり、専門的な技術と知識が必要です。

      遺品整理業者の中には、特殊清掃も手掛けるところがありますが、状況に応じて専門の清掃業者に依頼することもあります。

      特殊清掃を行うことで、故人が最後に過ごした空間を清潔に戻し、遺族が新たな生活を送るための環境を整えることができます。また、故人への最後の敬意として、その生活の場を丁寧に清掃することも、遺族にとって心の整理に繋がります。

      最後の作業〜作業後の手続き〜

      遺品整理の実作業が完了した後、遺品整理の最終フェーズとして重要なのが、作業後の手続きです。

      この段階では、不要となった遺品の処分方法を決定し、遺品整理に伴う必要な法的手続きや行政手続きを完了させます。遺品の中には、個人情報を含む書類やデジタルデータも含まれていることが多く、これらの情報を適切に処理することがプライバシー保護の観点からも極めて重要です。

      また、故人名義の不動産や車両、銀行口座の名義変更など、遺品整理と並行して行うべき手続きも多岐にわたります。これらの作業を通じて、故人の財産と記憶を遺族が引き継ぎ、新たな生活をスタートさせる準備を整えることができます。

      作業後の手続き:不用品の処分

      遺品整理の過程で「処分」と分類された不要な遺品は、適切に処分する必要があります。不用品の処分方法は、物品の種類や量、地域の規制などによって異なりますが、大きく分けて、廃棄物処理業者への委託、リサイクルショップへの売却、寄付などが考えられます。

      特に、個人情報が含まれる書類や電子機器などは、情報漏洩を防ぐために細心の注意を払って処分する必要があります。

      適切な処分方法を選択することで、故人の遺品を尊重し、環境への配慮も行うことが可能になります。不用品の処分は、故人との物理的な別れを意味するため、遺族にとって心情的に難しい作業となることもありますが、故人の遺志に沿った形での処分を心がけることが大切です。

      作業後の手続き:手続きの完了

      遺品整理に伴う手続きは、故人の遺品だけでなく、様々な法的、行政的な手続きを含みます。これには、遺産分割協議、遺言書の確認、相続税の申告などが含まれます。

      また、故人名義の資産の処理、例えば不動産の名義変更や銀行口座の解約、自動車の名義変更など、故人の財産に関わる手続きも必要です。これらの手続きを進める上で、専門家のアドバイスを受けることが時には必要になります。

      全ての手続きを適切に完了させることで、故人の意志に沿った遺産の処理が可能となり、遺族は新たな生活を始めるための法的な準備を整えることができます。

      手続きの完了は、遺品整理のプロセスを終え、故人との最後の物理的な繋がりを解く意味も持ちます。

      遺品整理を行う際の注意点

      遺品整理は故人との最後の対話とも言える大切なプロセスですが、遺族にとって精神的な負担が大きくなることもあります。故人の思い出が詰まった遺品を手放すことは容易ではなく、感情的な苦痛を伴う作業となることが少なくありません。

      また、故人のプライバシーに関わる遺品の取り扱いには十分な配慮が必要です。このような背景から、遺品整理を行う際には、感情的な負担の軽減、プライバシーの保護、適切な遺品整理業者の選定が重要なポイントとなります。

      感情的な負担に注意

      故人との思い出が詰まった遺品を整理する作業は、遺族にとって精神的な負担が大きいものです。

      特に、故人の生前の姿を思い出させる遺品を手放すことは、悲しみや喪失感を強く感じさせることがあります。このため、遺品整理は焦らず、自分自身のペースで進めることが大切です。

      また、感情的な負担が大きい場合は、家族や友人、または専門の遺品整理士など、プロのサポートを受けることをお勧めします。専門家は適切なアドバイスやサポートを提供し、遺族の心の負担を軽減することができます。

      プライバシーの保護

      遺品整理を行う際には、故人のプライバシーに配慮した取り扱いが求められます。特に、個人情報が含まれる書類やデジタルデータの処理には注意が必要です。故人のプライバシーを守るため、遺品の中から発見された私的な書類や記録は、適切な方法で処分することが重要です。

      また、故人の遺志に反しない形で遺品を整理することで、故人への敬意を表し、遺族としての責任を果たすことができます。プライバシーの保護は、故人への最後のサービスとして、遺族が行うべき大切な作業の一つです。

      遺品整理業者選びのポイント

      遺品整理業者を選ぶ際には、その業者の実績や口コミ、料金体系をしっかりと確認することが重要です。信頼できる業者選びのためには、事前に複数の業者から見積もりを取り、サービスの内容や料金を比較検討することが推奨されます。

      また、透明性の高い業者は、料金体系やサービスの詳細を明確に説明してくれるため、不明点があれば積極的に質問しましょう。

      信頼できる業者を選ぶことで、遺品整理のプロセスをスムーズに進めることができ、故人への最後の敬意を表すことができます。

      遺品整理士の役割と選び方

      遺品整理士は、故人の遺した品々を整理し、遺族が抱える心の負担を和らげるサポートを提供する専門家です。故人の思い出や人生を反映する遺品を丁寧に扱うことで、遺族が故人との最後の対話を終え、新たな生活への一歩を踏み出せるよう支援します。

      遺品整理士の役割は、単に物品を整理するだけに留まらず、遺族の心情に寄り添い、故人への敬意を持って作業を進めることにあります。

      遺品整理士を選ぶ際には、以下のポイントを抑えることが大切です。

      1. 資格の有無: 遺品整理士には、特定の団体が認定する資格が存在します。資格を持つ遺品整理士は、一定の知識と技術を有していることが認められており、専門的なサポートを期待できます。
      2. 実績: 遺品整理士の経験やこれまでの実績は、その専門性を判断するうえで重要な指標となります。多くの案件を経験している遺品整理士は、さまざまな状況に対応できる柔軟性と、遺族のニーズを満たすための提案力を持っています。
      3. 口コミや評判: 過去に遺品整理士のサービスを利用した人々の声は、その質と信頼性を測るうえで貴重な情報源です。口コミや評判を通じて、遺品整理士の対応の良さや遺族への配慮の深さを知ることができます。
      4. コミュニケーション能力: 遺品整理の過程では、遺族と遺品整理士との間で密なコミュニケーションが必要となります。遺族の意向を正確に理解し、適切なアドバイスやサポートを提供できる遺品整理士を選ぶことが、スムーズな遺品整理には欠かせません。
      5. 透明性のある料金体系: 遺品整理に関わる費用は、遺族にとって重要な検討事項です。明確で理解しやすい料金体系を提示し、追加料金などが発生しないよう事前にしっかりと説明してくれる遺品整理士を選ぶことが重要です。

      信頼できる遺品整理士を選ぶことは、遺品整理を円滑に進め、故人との思い出を大切にしながら、遺族が心の平和を取り戻す手助けとなります。

      遺品整理士の選定に際しては、上記のポイントを念頭に置き、遺族と故人にとって最適なサポートを提供してくれる人物を選ぶよう心がけましょう。

      トラブル経験者は約4割!20万円以上増えたケースも!

      遺品整理業者の利用において、高額請求や追加請求が発生するケースは、主に以下の条件が当てはまった場合起こってしまうことが多いです。

      • 見積もり提示額と、作業業者からの最終的な請求金額は、約半数が少なからず増額請求経験あり
        中には20万円以上のケースも
      https://lifull-senior.com/news/230817.html

      高額請求になるケース

      • 見積もりの不正確さ:初期の見積もりがあまりにも大雑把で、実際の作業量や必要なサービスが見積もり時に正確に把握されていなかった場合、最終的な請求額が当初の見積もりを大幅に上回ることがあります。
      • 特殊な作業の必要性:故人の住まいが特別な清掃や特殊な処分を必要とする場合(例えば、遺体が長期間発見されず、特殊清掃が必要な場合)、これらのサービスは追加料金がかかり、最終的な請求額を高める原因となります。
      • 遺品の量の見誤り:実際に遺品を整理し始めると、初めに見積もられた量よりもはるかに多いことが判明し、それに伴い作業費用が増加することがあります。

      追加請求が発生するケース

      • 追加のサービス要求:整理作業中に、当初の契約には含まれていなかった追加のサービス(例:遺品の買取、供養サービス、特殊なアイテムの処理など)を要求すると、これらは追加請求の対象となります。
      • 予期せぬ問題の発生:作業中に構造的な問題(例:床下や壁内のダメージ)が発見され、これを修理または対処する必要が生じると、追加料金が発生することがあります。
      • 廃棄物処理の費用:遺品の中に処分が困難なアイテム(例:化学薬品、大型家電など)が含まれていた場合、これらを適切に処理するための追加料金がかかることがあります。

      追加請求を防ぐためには?

      追加費用が発生してしまうケースは、そのほとんどが確認不足であったり、見積もり時に見つけきれなかった想定外のことから起こっています。そのため、正確な情報のやり取りが必要になります。

      • 詳細な見積もりの要求:作業開始前に、業者に対して詳細な見積もりを提供してもらい、作業内容、サービス範囲、料金体系を明確に理解する。
      • 契約書の確認:契約書には作業範囲、料金、追加料金に関する条項が明記されているため、契約にサインする前に内容をしっかりと確認し、疑問点は事前に解決しておく。
      • 複数業者からの見積もり:可能であれば、複数の業者から見積もりを取り、サービス内容と料金を比較する。

      これらの対策により、遺品整理の際に発生する可能性のある高額請求や追加請求を予防し、適切な業者選びを行うことができます。

      関連記事:遺品整理業者の選び方

      よくある質問(FAQ)

      A: 故人の遺品の量や種類、整理作業にかけられる時間によって異なりますが、数日から数週間が一般的です。詳細なスケジュールは遺品整理業者と相談して決定すると良いでしょう。

      A: 費用は遺品の量や作業内容によって大きく変動しますが、基本的な作業で数十万円程度を見込む場合が多いです。見積もりを複数取って比較検討することをお勧めします。

      A: 可能です。しかし、感情的な負担が大きい作業なので、必要に応じてプロフェッショナルの支援を受けることも検討してください。

      安心したいなら、全部コミコミの業者がおすすめ

      追加費用のトラブルを避けたいのであれば、全部コミコミで遺品整理をしてくれる遺品整理100番がおすすめ!

      遺品整理110番 | 業界大手16,500円〜最安値水準〜

      遺品整理110番
      最低料金16,500円〜
      遺品整理士の
      有無
      希望があれば可能
      特殊清掃対応の
      有無
      条件による
      買取の有無買取可能
      回収の有無できる
      支払い方法業者による
      受付時間24時間
      詳しく見てみる
      基本情報
      会社所在地愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋19F
      創業2006年創業
      営業時間24時間対応
      対象地域全国エリア
      遺品整理士
      遺品整理士

      遺品整理110番は、遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷の片付けなど、大規模な整理作業が必要なすべての方に向けて、全国対応・24時間365日対応のサービスを提供しています。

      サービスの特長

      • 全国対応・24時間365日対応: いつでもどこでもお客様のニーズに応えます。本社コールセンターでは、年中無休でご相談をお受けしております。
      • 加盟店展開によるサービスの標準化: 全国の加盟店を通じて、一貫した高品質なサービスを提供します。
      • 料金の透明性: 全ての基本サービスに関わる費用が含まれた、明確で分かりやすい料金体系を採用しています。

      基本料金に含まれるサービス

      • 仕分け、不用品処分、買取、養生、分別・梱包、搬出・積込、簡易清掃など、遺品整理に必要な全てをカバーしています。

      オプションサービス

      • 遺品の配送、遺品供養、ハウスクリーニング、エアコン移設、法務手続き代行、廃車手続き代行、消臭作業、特殊清掃、屋外の整理など、さらに細やかなニーズにも対応しています。

      みんなの遺品整理を利用しているユーザーは?

      男女問わず全世代の方々、特に50〜60代の方々が多く利用されています。

      1. 厳選された優良業者のみを掲載

      遺品整理110番では、全国1000社以上の加盟店の中から、一般財団法人「遺品整理士認定協会」との提携により、厳しい審査基準をクリアした優良業者のみを掲載しています。

      この厳格な審査プロセスを経た業者のみがサービスを提供することにより、遺品整理の品質を保証し、悪徳業者による被害を未然に防ぎます。お客様は安心して、信頼できる業者からサービスを選択することができます。

      2. 透明性の高い料金体系

      料金の不透明さが業界の大きな問題であることに着目し、遺品整理110番では、全ての基本サービスに関わる費用が明確に提示される「コミコミ価格」を導入しています。

      特別なオプションサービスを除き、基本料金内で提供されるサービス内容が事前に分かるため、後から予期せぬ追加費用が請求される心配がありません。料金体系の透明性が、お客様が安心してサービスを利用できる大きな理由です。

      3. 専門の相談員によるサポート

      遺品整理は感情的にも複雑で、多くの方がどのように進めれば良いか迷われます。遺品整理110番では、24時間365日対応のコールセンターを通じて、専門の相談員がお客様の要望を丁寧にヒアリングし、最適な業者を紹介します。

      また、相見積もりを取り、お客様が納得できる業者を選べるようサポートすることで、適正価格で質の高いサービスを受けられるように努めています。

      これら3つの理由により、遺品整理110番は全国の多くのお客様から信頼を得ており、遺品整理のサービスを安心してご利用いただけます。

      24時間365日受付

      1分で申し込み完了

      地元密着で選ぶ | 遺品整理を行ってる業者

      都道府県別!
      遺品整理業者ランキング

      実際に全国300件以上の優良業者を徹底調査!

      九州・沖縄エリア | おすすめ遺品整理業者

      中国・四国エリア | おすすめ遺品整理業者

      近畿エリア | おすすめ遺品整理業者

      中部エリア | おすすめ遺品整理業者

      関東エリア | おすすめ遺品整理業者

      北海道・東北エリア | おすすめ遺品整理業者

      予算別!
      遺品整理業者ランキング

      実際に全国300件以上の遺品整理業者を徹底調査!

      遺品整理士
      遺品整理士

      全国対応の遺品整理業者を予算と家の広さ別でランキングにしています。
      業者選びの参考にしてください。