遺品整理のゴミ回収のコストを抑える方法!専門家に聞いてみた!

遺品整理は、故人の思い出と共にさまざまな物品を整理する心情的にも物理的にも大変な作業です。

特に、遺品整理で出るゴミの量は予想を超えることが多く、その処理には意外と高いコストがかかることがあります。しかし、適切な知識と準備があれば、このコストを大幅に削減することが可能です。

遺品整理におけるゴミ回収のコストを抑えるための具体的な方法について、遺品整理の実績豊富な羽田さんに話を聞きました。

ゴミ回収にはルールがあり、その理解と適切な対応がコスト削減の鍵となります。

この記事では、遺品整理におけるゴミ回収での注意点やコスト削減方法を説明します。

遺品整理士
遺品整理士

これまで、100件以上の遺品整理を行ってきました。遺品整理士として事業に携わりながら情報発信のメディアを執筆・監修しています。詳しい著者情報はこちら

遺品整理の際に直面するゴミ回収の課題

遺品整理を行う際、多くの家庭では想像以上の量のゴミが出ることに驚かされます。

このゴミの処理は、遺品整理の大きな課題の一つです。まず、故人の持ち物の中には、単なる生活ゴミだけでなく、家具や家電などの大型ゴミ、さらには特殊な処理が必要なもの(例えば、薬品や化粧品など)も含まれることがあります。

また、自治体によってゴミの分別方法や回収日が異なるため、正確な情報を把握し、適切に処理する必要があります。

特に、大型ゴミの処理には事前に申し込みが必要な場合が多く、処理に時間がかかることも課題です。さらに、遺品の中には貴重品や思い出の品も混在しているため、ゴミとして処理する前に、丁寧に選別する必要があります。

遺品整理で出るゴミの種類と量

遺品整理で出るゴミは大きく分けて、生活ゴミ、不用品(家具、家電など)、特殊な処理が必要なゴミに分類されます。

場合によっては、車やバイクの所有権や遺言書などが出てくることもあります。

生活ゴミは日常生活で出るゴミであり、比較的処理が簡単です。しかし、不用品の中には大型で重たいものが多く、自分たちだけで処理するには困難な場合もあります。

また、特殊な処理が必要なゴミは、適切な処理をしないと環境汚染や法律違反になる恐れがあるため、注意が必要です。

量に関しては、故人が生前どのような生活をしていたか、どれだけの物を持っていたかによって大きく異なります。一般的な家庭では数十キロから数百キロのゴミが出ることが多いですが、中には数トンに及ぶ場合もあります。

遺品整理士
遺品整理士

少しの量だけなんですけど・・・と聞いて作業を手伝った際に2トントラック2回分のゴミが出たことがあります。見た感じそんなに多くなさそうだったんですが、倉庫などからたくさんの大型の不用品が出てきて処分が大変でした。30年前のバイクなどが出てくるケースもあります。

特に、長年住んでいた家や、物をため込む傾向があった場合は、その量は想像を超えることも少なくありません。

遺品整理はただゴミを処理する作業ではなく、故人の生活や思い出を整理し、次のステップへ進むための大切な過程です。ゴミの処理には多くの課題がありますが、それを乗り越えることで故人への最後のサービスを行うことができます。

ゴミ回収に関する一般的な疑問点

遺品整理で出るゴミの処理については、以下のような疑問点が一般的です。

  1. どのようにして大量のゴミを処理すればいいのか?
    • 大量のゴミは、自治体の定めるゴミの分別ルールに従って分け、大型ゴミは回収の申し込みをする必要があります。また、専門の遺品整理業者に依頼することも一つの方法です。
  2. 特殊な処理が必要なゴミはどうすればいいのか?
    • 薬品や化粧品、電池など、特殊な処理が必要なゴミは、自治体の指定する回収場所に持ち込むか、専門の処理業者に依頼する必要があります。
  3. 遺品整理業者に依頼する場合、費用はどのくらいかかるのか?
    • 費用は業者や処理する遺品の量によって異なりますが、事前に見積もりを取ることで、おおよその費用を知ることができます。

自治体によって、回収する方法が異なるケースがあるので、大型のものや疑問に思ったものは担当部署に確認することが大切です。

関連記事:遺品整理業者の相場と費用

遺品整理の際の心理的負担とゴミ問題

遺品整理は、故人との思い出を整理する過程でもあるため、心理的な負担が大きい作業です。

特に、故人の物品をゴミとして処理することに罪悪感を感じる人も少なくありません。また、遺品の中には故人の人生そのものを象徴するような価値ある品も含まれており、それらをどのように扱うかで心理的な葛藤が生じることもあります。

このような心理的負担を少しでも軽減するためには、以下の点が重要です。

  • 故人との思い出を大切にする: 物品を一つずつ手に取り、故人との思い出を振り返りながら整理することで、心の整理をする時間にもなります。
  • 家族や友人と協力する: 遺品整理は一人で行うには心理的にも物理的にも大きな負担です。可能であれば、家族や友人と協力して行うことで、負担を分かち合うことができます。
  • 専門家の支援を受ける: 心理的なサポートが必要な場合は、カウンセリングを受けることも一つの方法です。また、遺品整理のプロフェッショナルに依頼することで、物理的な負担を軽減することができます。

遺品整理は、故人への最後のサービスであり、新たな生活への第一歩です。ゴミの処理を含め、この過程を通じて故人との思い出を大切にし、心の整理をすることが大切です。

遺品ゴミ回収の基本

遺品整理士
遺品整理士

遺品整理は、思ってる以上にゴミが出てきます。衣類から大型のゴミまで様々です。プロの現場ではトラックが必須!

遺品整理で出るゴミは、一般的な家庭ゴミから大型の家具や家電、特殊な処理が必要な物まで多岐にわたります。

これらを適切に処理するためには、以下の基本的なステップを踏むことが重要です。

  1. ゴミの分類: 故人の遺品を丁寧に分類し、可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源ゴミ、大型ゴミなどに分けます。特殊な処理が必要な物品(例:薬品、塗料、電池など)も別に分けておきます。
  2. 自治体のルール確認: 自治体によってゴミの分別方法や回収日、大型ゴミの処理方法が異なります。事前に自治体のウェブサイトを確認するか、直接問い合わせて正確な情報を得ることが大切です。
  3. 適切な処理方法の選択: 小さなゴミは自治体の回収に従って処理しますが、大型ゴミや特殊な処理が必要なゴミは、専門の業者に依頼することも検討しましょう。

自治体によるゴミ回収サービスの理解

自治体によるゴミ回収サービスは、住民が日常的に出す家庭ゴミを回収するためのものですが、遺品整理で出るゴミの処理にも大きな役割を果たします。

自治体のサービスを理解し、適切に利用することで、遺品ゴミの処理をスムーズに行うことができます。

  • 分別回収: ほとんどの自治体では、ゴミを種類ごとに分けて回収しています。遺品ゴミも適切に分類し、指定された日に出すことが必要です。
  • 大型ゴミの処理: 大型ゴミや家電製品は、事前に申し込みをして回収してもらう必要があります。申し込み方法や手数料は自治体によって異なるため、詳細を確認しましょう。
  • 特殊なゴミの処理: 化学薬品や電池など、特殊な処理が必要なゴミは、自治体が指定する専門の回収ポイントに持ち込む必要があります。

遺品整理におけるゴミの処理は、故人への敬意を表するとともに、環境に配慮した行動です。

自治体のルールを守り、適切にゴミを処理することで、故人の思い出を大切にしながら、次のステップへと進むことができます。

専門業者によるゴミ回収サービス

遺品整理において、自分たちだけでゴミの処理を行うのが難しい場合、専門業者によるゴミ回収サービスを利用することが一つの解決策です。

これらの業者は、大量のゴミや特殊な処理が必要なアイテムの回収、適切な処理を一手に引き受けてくれます。サービスの利用には費用が発生しますが、時間と労力を大幅に節約できるため、多くの場合、その価値は高いと言えます。

専門業者の選び方には、以下のポイントが重要です。

  • 信頼性と実績: 長年の実績があり、良い評判を持つ業者を選ぶことが大切です。
  • 透明性のある料金体系: 料金が明確で、後から追加料金が発生しない業者を選びましょう。
  • 適切な処理を行う業者: ゴミを適切に処理し、環境に配慮しているかどうかも確認が必要です。

専門業者を利用することで、遺品整理の負担を軽減し、故人の遺品を尊重した形で処理することが可能になります。

以下は、一般的なゴミ回収してくれる業者のリストです。

遺品整理士
遺品整理士

重さや大きさによって費用が変わるのでお問い合わせしておくと安心です!

業種対応可能なゴミの種類特徴
遺品整理業者家具、家電、衣類、書籍など故人の遺品整理全般に対応。不用品の買取や清掃も行う。
不用品回収業者家具、家電、金属類など大量の不用品回収に対応。一部、買取も行う場合あり。
リサイクルショップ家電、衣類、本、雑貨など使用可能な品を買取り、再販する。
廃棄物処理業者産業廃棄物、特殊廃棄物など企業が発生させる専門的な廃棄物の処理に対応。
清掃業者一般家庭ゴミ、大型ゴミなど定期的な清掃や特別な清掃プロジェクトに対応。
リフォーム業者建築廃材、古い家具などリフォーム時に発生する廃材の回収・処理を行う。

不用品買取サービスの活用

遺品整理士
遺品整理士

不要な遺品は買取サービスが便利です!

遺品整理の過程で出てくる不用品の中には、まだ使用可能なものや価値のあるものも少なくありません。

これらのアイテムを適切に処理する方法の一つが、不用品買取サービスの活用です。不用品買取サービスを利用することで、不要なアイテムを現金化し、遺品整理の費用の一部を賄うことができます。

不用品買取サービスを利用する際のポイントは以下の通りです。

  • 品目の確認: 買取可能な品目を事前に確認し、買取を希望するアイテムが対象かどうかをチェックします。
  • 複数の業者を比較: 一つの業者だけでなく、複数の業者に見積もりを依頼し、条件を比較することが重要です。
  • 信頼できる業者を選ぶ: 買取業者を選ぶ際は、評判や口コミ、サービス内容をよく調べ、信頼できる業者を選びましょう。

不用品買取サービスの活用は、遺品整理を経済的にも精神的にもサポートする有効な手段です。

価値のある遺品を適切に評価し、新たな所有者に引き継ぐことで、故人の遺品に新たな命を吹き込むことができます。

関連記事:遺品整理の買取サービスについて

ゴミ回収でのコストを下げる方法

ゴミ回収におけるコストを下げる方法は、計画的にアプローチすることが鍵となります。

まず、遺品を丁寧に分類し、再利用可能なもの、自治体が回収する一般ゴミ、大型ゴミ、そして特殊な処理が必要なゴミに分けます。再利用可能なアイテムは、寄付や買取サービスを利用して処分することで、ゴミとしての処理費用を節約できます。

また、自治体の回収サービスを最大限に活用することも重要です。多くの自治体では、家庭ゴミの回収は無料または低コストで行われていますが、大型ゴミの回収には手数料がかかることがあります。

そのため、大型ゴミの回収日を事前に確認し、必要な手続きを行うことで、スムーズに処理できます。

特殊な処理が必要なゴミについては、専門の処理業者に依頼する必要がありますが、ここでも複数の業者から見積もりを取ることで、コストを比較し、最も経済的な選択をすることが可能です。

さらに、遺品整理の際には、家族や友人と協力して作業を行うことで、専門業者に依頼する必要性を減らし、結果的にコストを下げることができます。

このように、遺品整理におけるゴミ回収のコストを下げるためには、再利用とリサイクルの機会を積極的に探し、自治体のサービスを賢く利用し、必要な場合には複数の業者から見積もりを取って比較検討することが効果的です。

これらのステップを踏むことで、環境に優しく、かつ経済的な遺品整理が可能になります。

ゴミ回収費用を抑えるための具体的な方法

  1. 再利用とリサイクル: 遺品の中には、まだ使用可能なものやリサイクルできるものが多く含まれています。これらを適切に分類し、リサイクルセンターやチャリティー団体に寄付することで、ゴミとして処理する量を減らすことができます。
  2. 不用品買取サービスの利用: 価値のある家具や家電、アンティーク品などは、不用品買取サービスを利用して現金化することが可能です。これにより、ゴミ回収にかかる費用の一部を賄うことができます。
  3. 自治体の大型ゴミ回収サービスの活用: 大型の家具や家電などは、自治体の大型ゴミ回収サービスを利用することで、比較的低コストで処理することが可能です。事前に申し込みを行い、指定された日に出すことが重要です。
  4. 専門業者の見積もりを比較: 最終的に専門業者に依頼する場合は、複数の業者から見積もりを取り、サービス内容と費用を比較することが重要です。また、パッケージサービスを提供している業者を選ぶことで、コストパフォーマンスを高めることができます。

これらの方法を組み合わせることで、遺品整理におけるゴミ回収のコストを効果的に削減することができます。

計画的に遺品を整理し、各種サービスを賢く利用することが、コスト削減の鍵となります。

不要品の分類と処分計画

遺品整理において、不要品を効率的に処理するためには、まず適切な分類と処分計画が必要です。

このプロセスは、遺品を

  • 「再利用可能なもの」
  • 「買取可能なもの」
  • 「自治体で処理するゴミ」
  • 「専門業者に依頼が必要なもの」

の4つのカテゴリーに分けることから始めます。

再利用可能なものは、家族や友人に譲る、または寄付することで新たな命を吹き込むことができます。

買取可能なものは、不用品買取サービスを利用して現金化し、遺品整理の費用の一部を賄うことが可能です。自治体で処理するゴミは、正しい分別を行い、指定された回収日に出すことで処理します。

最後に、大型の家具や特殊な処理が必要なものは、専門業者に依頼することが適切です。このように分類と計画を立てることで、不要品の処理を効率的かつ経済的に行うことができます。

遺品整理の費用対効果

遺品整理の費用は、処理する遺品の量や方法によって大きく変動しますが、適切な計画と方法を選択することで、費用対効果を高めることが可能です。

不用品買取サービスの利用や、再利用・リサイクルを積極的に行うことで、処分にかかる費用を抑えるとともに、場合によっては収入を得ることもできます。

また、自治体のサービスを最大限利用することで、不必要な費用を避けることができます。専門業者に依頼する場合も、複数の業者から見積もりを取り、サービス内容と費用を比較することが重要です。

さらに、遺品整理を通じて故人の思い出を整理し、精神的な安心を得ることも、費用対効果の観点から重要な価値を持ちます。

遺品整理は単に物理的なゴミの処理だけではなく、故人への最後の敬意を表し、遺族が前に進むための重要なステップであるため、その効果は金銭的な価値だけでは測れません。

信頼できるゴミ回収・遺品整理業者の選び方

遺品整理は故人への最後のサービスであり、その過程で発生するゴミの適切な処理は重要な役割を果たします。

信頼できるゴミ回収・遺品整理業者を選ぶことは、このプロセスを円滑に進める上で不可欠です。良い業者を選ぶことで、遺品整理の負担を軽減し、故人の遺品を尊重した形で処理することが可能になります。

業者選びでは、実績と信頼性、透明性のある料金体系、丁寧な対応を基準にすることが重要です。

また、口コミや評判、提供サービスの詳細を確認し、必要に応じて見積もりを比較することで、最適な業者を見つけることができます。

関連記事:遺品整理の業者の選び方!高額請求のケースとトラブルの割合

業者選定のチェックポイント

信頼できるゴミ回収・遺品整理業者を選定する際のチェックポイントは以下の通りです。

  1. 実績と評判: 長年の実績があり、顧客からの良い評判を持つ業者を選ぶことが重要です。インターネット上のレビューや口コミを参考にし、実際にサービスを利用した人の意見を確認しましょう。
  2. 透明性のある料金体系: 料金体系が明確で、追加料金が発生しないかどうかを事前に確認することが大切です。見積もりは詳細に、どのようなサービスが含まれているのかを明確にしてもらいましょう。
  3. 対応の丁寧さ: 初回の問い合わせ時の対応で、業者のサービス品質をある程度判断することができます。迅速かつ丁寧な対応をする業者は、サービスの質も高い傾向にあります。
  4. サービス内容: 遺品整理だけでなく、不用品の買取や清掃、特殊清掃など、必要なサービスを提供しているかも確認しましょう。一括して依頼できると、手間やコストを削減できます。
  5. プライバシー保護: 故人の遺品を扱うため、プライバシー保護に配慮しているかどうかも重要なポイントです。個人情報の取り扱いについても確認しましょう。

これらのチェックポイントを基に業者を選定することで、遺品整理を安心して任せられる業者を見つけることができます。

適切な業者選びは、故人への敬意を表し、遺族の負担を軽減するためにも非常に重要です。

詐欺や不当請求を避けるための注意点

遺品整理業者を選ぶ際には、詐欺や不当請求を避けるための注意が必要です。

以下の点に留意して業者を選定しましょう。

  1. 明確な料金体系: 料金が不透明で、追加料金が発生しやすい業者は避けるべきです。契約前に全ての料金を明確にし、見積もりを書面で提供してもらいましょう。
  2. 過度な前払いの要求: 大幅な前払いを要求する業者には注意が必要です。業界の標準的な支払い条件を確認し、不自然な支払い条件を提示された場合は慎重に検討しましょう。
  3. 口コミや評判の確認: インターネット上の口コミや評判を確認し、過去にトラブルの報告がないかをチェックします。特に、不当請求や詐欺に関する情報に注意しましょう。
  4. 契約内容の確認: 契約を結ぶ前に、サービス内容、料金、キャンセルポリシーなどの契約条件を詳細に確認します。不明点や疑問点は、契約前に解消しておきましょう。
  5. 業者の資格や認可の確認: 適切な資格や認可を持っている業者を選ぶことも重要です。公的な認可や業界団体への加盟状況を確認し、信頼性を担保しましょう。

実際の選定プロセス

遺品整理業者の選定プロセスは、以下のステップで進めることをお勧めします。

  1. 情報収集: インターネット検索や口コミサイト、知人の推薦などを通じて、複数の業者について情報を収集します。
  2. 初期連絡: 興味のある業者に初期連絡を取り、サービス内容や大まかな料金を確認します。この段階で対応の速さや丁寧さもチェックしましょう。
  3. 見積もりの依頼: 数社から具体的な見積もりを取り寄せます。可能であれば、現地見積もりを依頼し、より正確な見積もりを出してもらいましょう。
  4. 比較検討: 提供された見積もりとサービス内容を比較検討します。料金だけでなく、サービスの質や対応の良さも考慮に入れましょう。
  5. 契約: 最終的に選んだ業者と契約を結びます。契約内容は細部にわたって確認し、不明点があれば契約前に解消しておきましょう。

このプロセスを丁寧に進めることで、信頼できる遺品整理業者を選定し、詐欺や不当請求のリスクを最小限に抑えることができます。

料金で選ぶ | エリア最安値の遺品整理業者

遺品整理110番 | 業界大手16,500円〜

遺品整理110番
最低料金16,500円〜
遺品整理士の
有無
希望があれば可能
特殊清掃対応の
有無
条件による
買取の有無買取可能
回収の有無できる
支払い方法業者による
受付時間24時間
詳しく見てみる
基本情報
会社所在地愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋19F
創業2006年創業
営業時間24時間対応
対象地域全国エリア
遺品整理士
遺品整理士

遺品整理110番は、遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷の片付けなど、大規模な整理作業が必要なすべての方に向けて、全国対応・24時間365日対応のサービスを提供しています。

サービスの特長

  • 全国対応・24時間365日対応: いつでもどこでもお客様のニーズに応えます。本社コールセンターでは、年中無休でご相談をお受けしております。
  • 加盟店展開によるサービスの標準化: 全国の加盟店を通じて、一貫した高品質なサービスを提供します。
  • 料金の透明性: 全ての基本サービスに関わる費用が含まれた、明確で分かりやすい料金体系を採用しています。

基本料金に含まれるサービス

  • 仕分け、不用品処分、買取、養生、分別・梱包、搬出・積込、簡易清掃など、遺品整理に必要な全てをカバーしています。

オプションサービス

  • 遺品の配送、遺品供養、ハウスクリーニング、エアコン移設、法務手続き代行、廃車手続き代行、消臭作業、特殊清掃、屋外の整理など、さらに細やかなニーズにも対応しています。

みんなの遺品整理を利用しているユーザーは?

男女問わず全世代の方々、特に50〜60代の方々が多く利用されています。

1. 厳選された優良業者のみを掲載

遺品整理110番では、全国1000社以上の加盟店の中から、一般財団法人「遺品整理士認定協会」との提携により、厳しい審査基準をクリアした優良業者のみを掲載しています。

この厳格な審査プロセスを経た業者のみがサービスを提供することにより、遺品整理の品質を保証し、悪徳業者による被害を未然に防ぎます。お客様は安心して、信頼できる業者からサービスを選択することができます。

2. 透明性の高い料金体系

料金の不透明さが業界の大きな問題であることに着目し、遺品整理110番では、全ての基本サービスに関わる費用が明確に提示される「コミコミ価格」を導入しています。

特別なオプションサービスを除き、基本料金内で提供されるサービス内容が事前に分かるため、後から予期せぬ追加費用が請求される心配がありません。料金体系の透明性が、お客様が安心してサービスを利用できる大きな理由です。

3. 専門の相談員によるサポート

遺品整理は感情的にも複雑で、多くの方がどのように進めれば良いか迷われます。遺品整理110番では、24時間365日対応のコールセンターを通じて、専門の相談員がお客様の要望を丁寧にヒアリングし、最適な業者を紹介します。

また、相見積もりを取り、お客様が納得できる業者を選べるようサポートすることで、適正価格で質の高いサービスを受けられるように努めています。

これら3つの理由により、遺品整理110番は全国の多くのお客様から信頼を得ており、遺品整理のサービスを安心してご利用いただけます。

24時間365日受付

1分で申し込み完了

丁寧さで選ぶ | 遺品整理士が対応してくれる整理業者

【PR】みんなの遺品整理 | 利用者満足度98.1%

みんなの遺品整理
最低料金36,000円〜
遺品整理士の
有無
あり
特殊清掃対応の
有無
条件による
買取の有無買取可能
回収の有無できる
支払い方法業者による
受付時間24時間
詳しく見てみる
基本情報
会社所在地東京都千代田区麹町1-4-4
創業2015年7月1日
営業時間24時間対応
対象地域全国エリア
遺品整理士
遺品整理士

このサービスは、遺品整理や特殊清掃などの大掛かりな作業を専門とする860社以上の全国の業者から一括で見積もりを取ることができるプラットフォームです。

サービスの特長:

  • 信頼のパートナー: みんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携し、悪徳業者の排除と業界の健全化を目指しています。厳しい審査をクリアした優良業者のみを厳選し、掲載しています。
  • 無料相談窓口: お急ぎの方や業者選びに迷われている方のための電話相談窓口を設置。専門の相談員がお客様の要望に合わせて数社の業者を無料でご紹介します。
  • 透明性と安全性: 相見積もりと見積もりチェック機能により、適正価格で安心してサービスを利用できます。支払い時の不当な請求にも対応しています。

対応可能な基本サービス:

  • 遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷片付け、空き家片付け、部屋片付け、さらに不用品買取などのオプションサービスもあります。

みんなの遺品整理を利用しているユーザーは?

みんなの遺品整理は、50〜60歳の方々を中心に、実家の遺品整理など大切な作業を安心して任せられるサービスを提供しています。男女比は6:4(女性:男性)で、中高年の層に幅広く利用されています。

1. 厳選された優良業者の提携

みんなの遺品整理では、一般財団法人「遺品整理士認定協会」との提携により、業界内での悪徳業者を排除し、遺品整理業務の健全化を目指しています。

全国に広がる860社以上の業者の中から、厳しい審査基準をクリアした優良業者のみを厳選し、掲載しています。この徹底した業者選定プロセスにより、お客様は品質と信頼性の高いサービスを受けることが保証されます。

2. お見積もり金額が適正かチェック

みんなの遺品整理では、お客様に提案されるお見積もりが常に適正であるかどうかを、運営側で厳格にチェックしています。

ご紹介する業者が相場より著しく高い金額を提示していないかを毎回確認し、適正な価格で高品質なサービスを安心して受けられるよう、お客様の利益を守ります。

この徹底した価格チェックにより、お客様は料金に関する不安を抱えることなく、信頼できるサービスを選択することができます。

3. 遺品整理士認定協会による無料サポート

みんなの遺品整理では、遺品整理士認定協会がお客様のご相談から業者の紹介までを無料でサポートしています。遺品整理士認定協会の専門相談員が、お客様の状況に合わせて適切な業者をご紹介します。

プロの視点で、ゆっくりと丁寧にアドバイスを行い、お客様が安心してサービスを選択し、高品質な遺品整理サービスを利用できるようにサポートします。

これら3つの理由により、みんなの遺品整理は、遺品整理サービスを必要とするお客様にとって、安心して利用できる信頼のパートナーとなっています。

ネット申し込み24時間365日受付

3分で申し込み完了

地元密着で選ぶ | 遺品整理を行ってる業者

監修者情報

プロフィール背景画像
プロフィール画像

黒森雄樹

air Inc.代表。マーケティング会社を経営しています。市場調査のガイドラインを監修。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

羽野たける

遺品整理士。清掃会社に勤務しながら遺品整理士としての情報発信をしています。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

ミキ

ヤマシタミキ。air Inc.所属。インタビューやアンケート調査を行っています。

予算別!
遺品整理業者ランキング

実際に全国300件以上の遺品整理業者を徹底調査!

遺品整理士
遺品整理士

全国対応の遺品整理業者を予算と家の広さ別でランキングにしています。
業者選びの参考にしてください。